外装リフォ―ムのプロに相談!
外装リフォ―ムのプロに相談!

ミサワホーム宅の外壁塗装をお考えの方へ/ハウスメーカーで建てたら塗り替えもハウスメーカーでと思っていませんか?

「家を建てたミサワホームに
見積もりを取ったら高かった」
「他の業者で施工したら今後なにかあっても
フォローできないと言われた」
こんなお悩みありませんか?

ミサワホーム宅の外壁塗装はハウスメーカー住宅の外装リフォーム専門店アイセイ堂にお任せください!WEB掲載数No.1

  • ハウスメーカー
    施工事例掲載

    458

  • 信頼の証
    お客様の声掲載

    444

アイセイ堂でミサワホーム宅の外壁塗装をおすすめする理由

アイセイ堂なら大手ハウスメーカーの最大半額で塗装できるかも!

ミサワホームは構造によって外壁材は変わります。木質系構造の外壁材は主にサイディングボードを使用しています。

鉄骨ラーメン構造の外壁材は耐久性、耐火性、耐震性などにすぐれた多機能素材「ニューセラミック外壁」を使用しています。

どちらの外壁でもボードのジョイント部やサッシまわり部にシーリングを施されていますのでシーリング工事を実施した上での外壁塗装が必要となってまいります。
特にニューセラミック外壁は外壁材の厚みがあるのでシーリング材の使用量が多くなり、外壁材の凹凸も大きいので外壁塗装の手間もかかってくるので、通常の外壁材にくらべると費用は高くなるケースがございます。

また、ミサワホームの外壁や屋根や鉄部なので下地に応じた塗料の選択が難しい場合がございますので施工実績のある業者に外壁塗装を依頼された方が良いです。

豊富な実績をもったアイセイ堂がミサワホームの建物にあった外壁塗装のご提案をいたします

塗装の相場適正価格が3分でわかる!オンライン見積もりはこちら

こんな状況になったら外壁塗装が必要です

  • シーリングの劣化

    シーリングの劣化

    シーリングが劣化したひび割れが発生したり、痩せたりするので隙間が発生してしまいます。

  • ジョイント部や
    サッシまわりの
    シーリングの劣化

    ジョイント部やサッシまわりのシーリングの劣化

    ニューセラミックのジョイント部やサッシまわりに使用されいるシーリングも劣化いたします。

  • 外壁材の表面塗装の劣化

    外壁材の表面塗装の劣化

    ニューセラミックの外壁材も表面塗装が劣化し、撥水効果がなくなると水がしみこみ外壁ひび割れが発生いたします。

  • 基礎巾木部のひび割れ

    基礎巾木部のひび割れ

    基礎巾木部も経年劣化でひび割れが発生いたします。

  • ベランダ笠木の劣化

    ベランダ笠木の劣化

    日当たりの良い場所ではアルミのベランダ笠木も劣化する場合もございます。

  • 屋根の劣化

    塩ビシート防水の経年劣化

    日当たりが良い屋根は劣化の進行が早くなり、色褪せや表面塗膜劣化を放置するとカラーベストひび割れが発生する場合もございます。

  • 木目調鋼板の劣化

    木目調鋼板の劣化

    木目調鋼板も劣化いたしますので塗装が必要です。

  • アルミの玄関扉の経年劣化

    アルミの玄関扉の経年劣化

    アルミの玄関扉も経年劣化で色褪せしております。

  • 外壁の欠損

    外壁の欠損

    ミサワセラミックの外壁は軽量コンクリートのために衝撃によって欠損する場合もございます。

  • ベランダ防水の劣化

    ベランダ防水の劣化

    ベランダ床の塩ビシート防水の劣化が見受けられます。

大切なマイホーム失敗しない外壁塗装を

ミサワホームの外壁塗装を検討した場合は構造によって塗装方法が異なってくることと、外壁塗装の目安についてご説明させていただきました。
では、ミサワホームと、アイセイ堂での外壁塗装にはどんな違いがあるのか分かりやすくメリットデメリットに分けてご説明させていただきます。

ミサワホーム
メリット

メリットミサワホームが自社で設計施工しているので、構造もしっかりと把握し、オリジナルの部材(外壁材や屋根材や設備等)や部品を在庫しているので新築時と同等のメンテンナンスが期待できる。定期的な点検をしてくれて保証等のアフターフォローがしっかりとしている。

デメリット

デメリットやはりたくさんのお客様から聞く声ですが「リフォーム費用が高くてビックリした!」ということです。
アイセイ堂が提案する見積金額の2倍以上の場合もございます。さらに他社で施工した場合は保証できないと言われるようですが、外壁塗装は構造を変える工事ではないので地震等で建物に不具合がでるものではありません。あくまでも外壁塗装の保証項目は「塗膜剥離」、「塗膜膨れ」、「急激な変退色」のどれも構造には関係のないものばかりです。

アイセイ堂
メリット

お客様に適した豊富なプランをご用意

お客様に適した豊富なプランをご用意

外壁塗装金額が半額に!!
ミサワホームの外壁塗装や防水工事の施工実績が豊富にあるのでお客様にあったプランをお値打ちにご提案いたします。
ハウスメーカーが提案する外壁塗装のプランは1~2パターンのケースが多いですが、アイセイ堂ではお客様の建物に適した塗料を選択し、シリコン塗料・ふっ素塗料・無機塗料・多彩模様塗料・光触媒塗料・遮熱塗料・防水塗料等の豊富なプランをご提案いたします。

安心の最大12年保証と定期点検の実施

安心の最大12年保証 保証期間も塗料の種類によって異なりますが5~12年の保証書を発行し、塗装トラブルが発生しやすい塗装後1~2年の間に定期点検も実施しております。また、保証期間が満了した後でも気になることがありましたら現地確認した上でしっかりと対応いたしますのでアフターフォローも万全です。

デメリット

デメリット弊社の外壁塗装職人には限りがございますので、繁忙期には外壁塗装開始時期をお待たせする場合がございます。アイセイ堂は名古屋本社なので愛知・岐阜・三重の東海3県(一部エリアでは対応不可あり)のみの対応となっております。

塗装の相場適正価格が3分でわかる!オンライン見積もりはこちら

ミサワホーム宅の外壁塗装はここを注意!

シーリング

シーリング外壁ジョイント部の使用されたシーリングも経年劣化をするので、外壁塗装時にはシーリング撤去打替え工法をおすすめいたします。

シーリング既設シーリングを撤去した後に外壁が汚れないようにマスキングテープ養生した上でシーリングを充填します。

シーリング使用するシーリング材は最上級グレードのノンブリードタイプ変性シリコンシーリングを使用します。

シーリング特に水の影響を受けやすい横目地に使用しているシーリングは劣化がしやすいので早めのメンテナンスが必要です。

シーリングベランダ笠木のジョイントのシーリングも劣化すれば漏水の原因になり得るのでしっかりとシーリング処理を実施いたします。

外壁塗装

外壁塗装下塗りに使用する特殊弾性フィラーは密着力と膜厚をつけることによって防水性能を高めます。

外壁塗装外壁塗装の基本は下塗り1回、上塗り2回の3回塗りで仕上げます。

外壁塗装凹凸の激しいニューセラミック外壁はローラーだけでは塗装できない場所は刷毛を併用して塗り残しがないように塗装を行います。

外壁塗装新築から10年以内で外壁劣化が少ない場合は、外壁下地を生かしたクリヤー塗装が可能です。クリヤー塗装でもシーリング工事は必要です。

外壁塗装クリヤー塗装を行うときのシーリングは外壁色にあった色がついたシーリングで仕上げていきます。

外壁塗装クリヤー塗装の場合は密着力が必要になるので水性塗料ではなく、弱溶剤塗料になりますので塗装期間中はシンナーの臭いがします。

屋根塗装

屋根塗装劣化で下地劣化が著しい場合はプライマー塗装を通常1回塗りのところ2~3回塗りをしてしっかりと下地を固めます。

屋根塗装屋根塗装の主流は遮熱効果のある遮熱塗料で塗装する場合が多いです。

ベランダ

ベランダアルミ下地を塗装する場合は密着力を高めるために下塗り塗装が重要になってまいります。

ベランダ鉄部の塗装はシリコン塗料やふっ素塗料を使用いたします。

ベランダベランダ防水は塩ビシート防水の重ね張り工法で実施いたします。

玄関扉

ドア塗装できる下地の玄関扉なら塗装を実施することによって見違えるようにきれいになります。

その他塗装

基礎巾木基礎巾木は専用塗料「基礎ガード」に塗装行うので、ひび割れも発生しにくいです。

幕板部幕板部も塗装が必要になってまいります。

シャッターBOXシャッターBOXの塗装を実施すると木目柄は消えて単色仕上げにはなりますが、色選択は自由にできます。

ミサワホームの外壁塗装の施工事例

お客様の声